3月16日(金) 19:00~ 講師:やとじぃ谷戸内 英(やとうち えい) 氏

谷戸(やと)という言葉を聞いたことはありますか?
谷の戸(入口)のこと? 谷戸と谷津、谷地は違うの? 窪・久保、沢との違いは? 多摩丘陵の谷戸や、鎌倉の谷 (やつ) は有名だけど、練馬区や杉並区あたりにもあるの?

そんな疑問から谷戸を歩き、谷戸にハマり、調べはじめて17年、採録した谷戸・谷津・谷地地名は1,000を超え現地を見た谷戸も100ヵ所以上。谷戸について語りだしたら止まらずその名も「やとじぃ」のニックネームで知られる講師が、「谷戸の正体」をお話します!

歩くほどに、谷戸は面白い!
地形が複雑。植物が豊か。崖の上から見る風景と下から見る風景の文字通りの落差。 人とのつきあいも長い。昔々、谷戸を開墾して田んぼを作ろうとしたら「やとの神」が出てきて・・・という伝説も謎めいています。

ちゃらぼこのすぐ近くにある、谷戸、赤味ヶ谷戸、清水窪や、善福寺川・桃園川の谷戸も、「谷戸散歩おすすめコース」付きでご紹介します!

扉画像:練馬区旧・南町の谷戸田(1953年)谷戸には古くから水田が開かれた 写真: 練馬区
左画像:真盛寺新鏡ヶ池 通称: 小沢川の水源 ここが「谷戸」の谷頭
右画像:清水窪 通称: 小沢川の支流 よく似た地形なのにこちらは「くぼ」

 

画像提供: やとじぃ谷戸内 英(やとうち えい)氏

最初の一歩からの「谷戸」講座~ 谷戸って何? 「やと」と「くぼ」はどう違うの?

3月16日(金) 19:00~ 2時間程度
散歩かふぇ ちゃらぽこ 小上がりにて

参加費 : 1500円
(1ドリンク付き。追加のご注文も別途承ります)

ご予約は必要ありません。
参加費のお支払は、ご来店時に現金でお願いいたします。

<ご注意>

当企画は、このテーマに関して初めて知る方に向けた内容となっています。それぞれの分野をよくご存知の方にもご参加いただけますが、ビギナーさんにお楽しみいただくため、あまり専門的なお話やご質問への回答はできませんのでご了承ください。

詳細は、入門編講座特集・最初の一歩からの散歩講座をご覧ください。

お問い合わせ: 散歩かふぇ ちゃらぽこ

お問い合わせ

講師 やとじぃ谷戸内 英(やとうち えい) 氏

水路たんけんクラブ主宰・練馬区文化財保護推進員・石神井公園ふるさと文化館区民学芸員
川の跡を歩きはじめ、練馬や杉並にも「谷戸」があることを知ったのが2000年頃。練馬区内の川・用水跡はほぼすべて、さらに周辺区や武蔵野台地のあちこちに足をのばして歩きまわりました。なかでも谷戸のつく地名のところが面白い!

谷戸地形の成り立ち、谷戸・谷津・谷地また窪・久保との違い、歴史などを調べています。弥生時代どころか縄文時代・旧石器時代から、人は谷戸とつきあってきたようです。谷戸というと多摩丘陵が有名ですが、武蔵野台地にも谷戸の集中地があり、人びとの暮らしと深く関わってきました。
谷戸のことを語りだしたら軽く5時間はいきます。誰か止めてください。

ホームページ やとじぃの江戸ノ背通信

 

 

この散歩会に関する投稿

 

お問い合わせ: 散歩かふぇ ちゃらぽこ

お問い合わせ

入門編講座特集・最初の一歩からの散歩講座へ