ちゃらぽこ・ぱきらです。
おととい18日(土)は、城跡・古戦場ウォーカーのサイガさんによる散歩会「世田谷の城跡と旧道をめぐる」でした!

ご参加くださった皆さま、ガイドのサイガさん、ありがとうございました!(^^)

テレビ放映で告知していただいたこともあり、26名もの方にご参加いただきました。普段にない割合で初参加の方も多く、いつもとはちょっと違った、けれどもいつも通り和気あいあいとした雰囲気で、世田谷代官屋敷や世田谷城址、豪徳寺、松陰神社をめぐりました。

参加者さんいっぱーい(^^)

このコースは、昨年9月に同じくサイガさんガイドで行った、世田谷城散歩会に構成の変更、追加をしたコースです。9月の時はサイガさんの講座「城跡・古戦場の見方、歩き方」の現地散策企画として「城」メインでしたが、今回はもう少し幅広く「世田谷の歴史」をテーマに散策しました。

なので、最初は前回は立ち寄らなかったボロ市通り、代官屋敷へ。毎年1月と12月のボロ市の時は大混雑のこの通りですが、普段はこじんまりとした静かな商店街です。ボロ市の時しか知らないと、同じ道とは思えないほどです(^^;

その道の途中、世田谷代官屋敷は、東京の穴場観光地。江戸時代の代官・大場家の役宅で、代官屋敷としては都内で唯一という、江戸時代に建てられた茅葺き屋根の建物が残っています。隣接の世田谷区立郷土資料館も、今回はあまり長い時間いられませんでしたが、大山街道や世田谷の歴史などがっつり見たらかなりの見ごたえです。

 

このあたりは東西に大山街道(それより以前は矢倉沢往還)、南北に鎌倉街道、さらに少し北には、甲州街道以前に江戸と府中方面を結んでいた滝坂道が走る、古くからの要衝。そういう場所に、ボロ市の原型となる楽市や代官屋敷も置かれたのだろうということですが、地形的にも川に挟まれ起伏に富んだ一帯には、それよりも古くからお城がありました。

世田谷城跡

現在、豪徳寺のあるあたり。北沢川、烏山川(現在はどちらも暗渠化され、緑道になっています)に挟まれた台地の上。烏山川が大きく蛇行している場所に、この川の蛇行を天然の堀とする形で、世田谷城は築城されたそうです。

世田谷城の跡は公園として整備されていますが、公園になっている部分は当時の世田谷城の一部に過ぎず、実際には現在の豪徳寺のある場所が中心のもっともっと大きなお城だったそうです。

(↑ マップを動かすと、今回の他の見どころも出てきます)

公園内だけでなく、現在の団地や豪徳寺の参道、墓地などから、世田谷城の土塁の遺構の一部が見えます。

豪徳寺の参道の脇に、世田谷城の土塁が残っています

 

そんなお城の遺構を眺めつつ、豪徳寺にお参り。

豪徳寺と言えば、招き猫! テレビでも大きく取り上げられていましたが、鷹狩りにやってきた彦根城主・井伊直孝が、この場所で猫に招かれて寺に入り、雷雨を逃れたという伝説により、招き猫発祥のひとつとしても有名ですね。

この光景が何と言っても圧巻! で有名ですが、

豪徳寺といえば招き猫!!

五重塔にも実は猫がいっぱい。

五重塔にも猫がいっぱい

十二支が配置されるところのネズミの代わりに猫がいたり、他にも探してみるとあちこちに。

猫好きにはたまらないお寺ですな~(^^)

 

井伊家の墓所にも参った後は、広い豪徳寺の境内を迂回して北側へ。少し行くと、前述の滝坂道に出ます。世田谷城の北側を通るこの道は、他の三方を川に囲まれた城よりも少し高くなっていて、城内が見える位置にあります。そのため滝坂道と世田谷城の間には視界を遮るよう竹が植えられていて、ここら一帯は過去には「竹ノ上」と呼ばれていたそうです。

滝坂道は、近世の主要街道のように拡張・開発されておらず、車がぎりぎりすれ違えるぐらいの道幅や緩いカーブ、通り沿いの古めかしい建物などに旧街道の趣がたっぷり残っています。旧街道ファン垂涎の良い道(^^)

滝坂道

旧道を堪能しつつ西に向かって、最後はやはりこのあたりをお散歩するとなると行かないわけにはいかない!?松陰神社へ。

最後は松陰神社へ

安政の大獄で処刑された吉田松陰のお墓が、処罰した側の井伊直弼の菩提寺のこんな近くに!?としばし話題になりますが、もともとこの一帯は長州藩の抱屋敷(幕府から拝領した屋敷ではなく、農民の農地などを購入した屋敷)で、小伝馬町で斬首された松陰は小塚原の回向院に埋葬された後、数年後には高杉晋作、伊藤博文によりこの地に改葬されていたそうです。

その後、1964年の禁門の変の後で抱屋敷は没収され松陰の墓も破壊されましたが、明治維新後に藩命を受けた木戸孝允により新たな墓碑が建てられ、1882年(明治15年)門人たちが神社を創建したのだとか。

その松陰の墓所は境内の一画にあるのですが、玉垣にしるされた名前が、外側でなく松陰先生のお墓の側を向いているのが印象深いのですよね。

松陰墓所の玉垣

9月に来た時は改装工事中だった松下村塾のレプリカは、無事公開されていました。(あれ? 土日しか公開していないのかな。以前は平日も見られたような気がしますが……)

松下村塾。実物よりちょっと大きい気がする!?と話題になりました

お参りを済ませて、本日の行程終了です。

曇り空ではありましたが、心配していたほど寒くもなく(5日の小野路城に続き、良かった!)、わりと快適に歩ける1日でした!

最初に書いたとおり初参加の方が多い今回の散歩会でしたが、「次はいつ?」の声もいただき、満足していただけたようで良かったです(^^)

今回の参加者さんで最年長(ですよね……?)の男性は、なんと90歳を超えていらっしゃったとか……!! 昭和十何年とかの頃に経堂あたりに住んでいらっしゃって、懐かしくて参加されたそうです。住んでいた頃には全然来たことのなかった場所で、「今日参加して良かった!」とのお言葉をいただきました。なんだか嬉しいです(^^)

 

気になる次回のサイガさんの散歩会は、すぐ! 今週末26日日曜日。「『二・二六事件』現地散策・地形から見る作戦行動」ということで、赤坂・永田町界隈の、二・二六事件の痕跡をたどります。

世田谷散歩会はテレビ放映のコースということで、世田谷の歴史メインの比較的ソフトな内容でしたが、次回はサイガさんの面目躍如!? 「地形!」「戦闘!」っていう散歩会になるかと思います。

こちらもいいペースでお申し込みいただいておりますが、まだ受付てますので、ご検討中の方はぜひぜひどうぞ(^^)

お申し込みはこちらから!
次回もいいお天気でお散歩日和になりますように~。たくさんの方のご参加お待ちしております!!

おまけ

帰りに参加者さんと4人で、羽根木公園の梅を見に行ってきましたよ! ライトアップしてました! 甘酒おいしかった~♪

この記事の投稿者

ちゃらぽこ・ぱきら
ちゃらぽこ・ぱきらちゃらぽこの中の人
散歩&歩き旅が好き過ぎて、「散歩かふぇ」を作ってしまいました。東京・東高円寺の「散歩かふぇちゃらぽこ」店主です。街道歩きとか、東京散歩とか、古地図散歩とかしてます。庚申塔と子連れ狛犬と看板建築とラーメンが好物です。