今週末、2月19日日曜日、15:00~は世間士かるのさんの「歴史発見講座」。

今回のテーマは「甘みは苦い世界より ~砂糖の世界史~」です。

どんな人も魅了する砂糖の甘味。古代から貴重な薬として各地で珍重された。砂糖の製法を確立したスペイン・ポルトガルは大航海時代を迎え、新大陸での砂糖生産の労働力に奴隷労働を持ち込み、やがてその構造は帝国主義・産業革命へと繋がっていく。
砂糖という世界商品が世界史に与えた影響についてお話します。

「大航海時代・奴隷貿易・産業革命・産業史」に関心がある方にオススメ。

かるのさんの講座概要より

 

ちゃらぽこのような喫茶店では欠かせない食材。日常に溶け込んだ「砂糖」ですが、これを聞いたら見方が変わるかも!?
ビジュアル資料満載、コーヒーを飲みながらのおしゃべり感覚の気楽な講座で、歴史に詳しくない方でもお楽しみいただけます。

ご予約不要。参加費はドリンク付き1500円です。
日曜の午後は、歴史のお話に。初めての方もお気軽にどうぞ!(^0^)

かるのさんのちゃらぽこでの講座については、こちらをごらんください。

たくさんの方のご参加お待ちしております!!

この記事の投稿者

ちゃらぽこ・ぱきら
ちゃらぽこ・ぱきらちゃらぽこの中の人
散歩&歩き旅が好き過ぎて、「散歩かふぇ」を作ってしまいました。東京・東高円寺の「散歩かふぇちゃらぽこ」店主です。街道歩きとか、東京散歩とか、古地図散歩とかしてます。庚申塔と子連れ狛犬と看板建築とラーメンが好物です。