本日は志田威氏による街道講座でした。

難所続きながら名所も多い、信州路のお話。10名弱の方にご参加いただき盛り上がりました。

その中でも、愛知からの若いお客様が。なんとこの若者、昨年11~12月にかけて20日間で大阪⇒東京を歩かれた「平成の竜馬! 東海道をゆく!」の参加者さん。他の参加者の皆さんは壮齢の方々の中で、ひとり二十歳過ぎの若者!(次に若い方との年齢差40歳近く!?)ということで、一団を盛り上げてらっしゃったようです。

龍馬隊の隊長さん方に連れられて、初来ぽこでした。嬉しいな♪

龍馬隊の報告書をいただきました!

20日で550kmという強行軍で、脱落者もなく本当に皆さん歩かれたそうです。すごい! 写真の皆さん楽しそうです(^^)

蒲原の志田邸では「街道講座」の志田さんの講義もあったとのことで、1か月ぶりの再会のご様子でした。はるばるありがとうございましたー(^^)/

 

ところで、本日講座で触れられて、最後に「こんな地図も出ていますよ」とご紹介した「初期中山道」の地図。

※ 初期中山道は、江戸方面から行くと下諏訪から塩尻方面に行かずに三沢峠を越えて、小野宿で伊那街道(秋葉街道)と交差し、本山と贄川の間でまた中山道に合流するルートです。

↓左は講座で配っていただいた木曽路の地図です。右が「初期中山道を歩く」

岡谷市、塩尻市、辰野町の観光課の「塩嶺王城観光開発協議会」(TEL 0266-23-4811)で制作したもので、在庫があればそれぞれの観光課や上記にお願いすれば送ってもらえるかと思います。

が、いただいたのが5年くらい前なので、まだあるかどうかは不明です。今度調べてみますね。

……と思いつつとりあえずネットで調べてみたところ、塩尻市商工会議所のサイトでこの地図をまるまる掲載していました。(まだ全ページは調べてないです。ボリュームからするとありそうです)

塩尻商工会議所のサイト「ゆっくり歩こう初期中山道」 | 地図のページ

初期中山道の地図はそうそう出ていないでしょうし、いい地図なので歩かれる方はどうぞ。

 

来月の「街道講座」は2月21日火曜日、同じく19時から。テーマはいよいよ中山道のいいところ、木曽路です。歩いた方、歩かれる方はもちろんですが、木曽あたりにちょろっと観光に行こうかなーという方もお聴きいただけばさらに旅をお楽しみいただけると思います。

たくさんの方のご参加お待ちしております!!

この記事の投稿者

ちゃらぽこ・ぱきら
ちゃらぽこ・ぱきらちゃらぽこの中の人
散歩&歩き旅が好き過ぎて、「散歩かふぇ」を作ってしまいました。東京・東高円寺の「散歩かふぇちゃらぽこ」店主です。街道歩きとか、東京散歩とか、古地図散歩とかしてます。庚申塔と子連れ狛犬と看板建築とラーメンが好物です。